FC2ブログ
基本なんでも美味しく頂きます りあたいやついったによく出没します
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人形フォレスト
2012年06月03日 (日) | 編集 |
おひさです~~!

なんとな~く気分が乗ったのでもちゃもちゃ替え歌作ってました。
相変わらず語呂が悪い。
いや、替え歌を晒すのは今回が初めてなんですけれども。


人形ルートの荒井くんで想像フォレストの替え歌になります。
ちょいちょい無理があるのはご愛嬌(^o^)



追記でどうぞ






夏風が吹いてくる
ドアを開けてみると
何処からか 集められた人の声

肩にかけた鞄を置き
「終わらせられるから」と誓う
人に化けたままの 放課後です

終わりは案外シンプルで
あっけなく死んでった 僕なんて
父を止めることできぬまま

魂、人形の中、生贄に選ばれる人を
助け出すことなど出来ない訳で。

もういいんだよ

開かない口、心の中で投げかける
12年父の心に届かなくて
自分の記憶でしか見れない
笑顔に少し憧れることくらい
許してくれますか?

淡々と喋りだした
続いてしまった理不尽でも
契約なんで。
僕の中じゃ。

ねぇねぇ、望む未来を
想像して膨らむ世界は
いつか父さんに
見てはもらえないですか?

なんて妄想なんかして
話終えてみると
当然聴こえてきたのは喋り声

出来かけの人形から
選ばれた人はただ
「大丈夫・・・」
と自分に言い聞かせてました。

「あと一人なんだ 昭二ができあがる」
それは父さんが言ったこと
僕の契約はそうなっている様で

偽物の僕なんかを望む
父を見つめているばかりで。
そんなこと望んでいなくて。

着々、と迫りだした
タイムリミットに刃向かう
緊張なんてものじゃ
足りないくらいで。

ねぇねぇ、望む未来は
想像しているよりも
実に簡単に事が
進み始めていました。

現れ立ちはだかる姿に
父さんは驚いて
「お前を生き返したかった」
と言うと泣き崩れた

「父さんが僕の為に頑張って
くれて嬉しかった
でもそろそろ疲れたよ。もう休んでいいのかな?」

わんわん、と泣き叫んだ
父を見つめて溢れ出た
感情は世界に少し成りだして

ねぇねぇ、望む未来は
これからも作っていけるかな?
どんな時でも
そばに付いているから。

できかけた世界がまた
あなたがくれたもので
嬉しいと少しだけ
笑ってみせた。




人形ルートのシナリオのひとつを主につくってみました。
あのルートは正直泣きましたね、ええ

ご自由に歌ったりなんだりしていただければと!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。